印刷

軽音楽部

軽音楽部

New!!

     



                             

軽音楽部 部活紹介

軽音楽部では現在2年2名、1年5名の7名の部員で活動しています。
 


<<--練習曜日-->>

 [月]、[火]、[水]、[木]、[金]、[土]

※大会や合同ライブ前は日曜日も活動しています。


 
<<--活動内容-->>

月に2,3回のペースでステージに立ち、日頃の活動成果を発揮しています。

<<--活動するうえで-->>


バンド単位でなく、部活として3年間同じ時間を過ごし、大切な仲間ができればと思います。

大会や合同演奏会、文化祭などの目標に向かって楽しかったり、悔しかったり、悲しかったり、

悩んだり、好きになったり、嫌いになったり、励ましたり、励まされたり、、、

どちらかというと大変なことのほうが多いですが、大切な気持ちがたくさん生まれ、それをみんなで

乗り越えていけるようにがんばっています。

遅刻厳禁!遅刻は一緒に頑張ってきた仲間を心配させる行為で、準備・片づけをさぼったら誰かがやってくれていると

意識し、自分だけではバンドの音は出せず、舞台や照明も多くの方々の支えがあってこそ表現ができることを忘れない

ように、関わる人を大切にすることを第一にしています。

大会では出演者だけでなく、自然とその他は応援者になれるように、結果に対して悔しかったり

うれしかったりをみんなで共有できる部活になればと思います。

そして、3年間が終わり卒業するときに大切な絆となり部活の経験が今後の糧になればと思います。



 
●普段の練習

 全体での基礎練習、バンド練習を通してコピー曲だけではなく、オリジナル曲の制作を行います。


 


●合同ライブへの参加

 他校が主催する合同ライブへ積極的に参加しています。



●合同ライブの主催
 月1のペースで他校をお招きし、北豊島工業高校軽音楽部が主催する「白堊(はくあ)ライブ」を主催しています。
 音響、照明、装飾、運営すべてを部員で行います。


         

【白堊ライブ】とは
 北豊島工業高校は大正9年府立商工学校として産声を上げ、昭和11年に現在の地に『白堊の殿堂』
として築きました。
 もうすぐ100年を迎えようとするなか、軽音楽部として合同演奏会を【白堊ライブ】と命名し、新たな歴史を
つくっていければと思います。レトロな雰囲気を出しつつ、工業らしさのあるステージをお楽しみください。
 
 お招き校は都内に限らず他県の高校にも声をかけています。
 ※白堊ライブに参加希望の場合は本校の軽音楽部顧問 藤原までお問い合わせください。

 

<<--舞台づくりについて-->>
軽音楽部では演奏練習以外に音響や照明といった舞台づくりにも力を入れています。

●毎日がんばって練習した成果を十分に発揮できるように。
●特別な空間を演出し、曲の持っている雰囲気を十分に引き出してあげれるように。


舞台をつくる人たちが演奏者に思いを込め、環境を整え、後押しがあって音は観客に伝わり、大きな感動に
つながります。だから、演奏者は関係者すべての人に感謝する気持ちを忘れてはいけません。
 
そんな気持ちを少しでも知るために北豊島工業高校の軽音楽部では合同演奏会を主催し、舞台づくりに
力を入れています。



 


季節によって舞台も変化させています。

冬は雪が積もり、春には桜が咲きます。